Biography


 

 

 

 

 

古屋 沙樹   Saki Furuya

  

神奈川県生まれ

東京藝術大学音楽部作曲科2015年卒

神奈川県立小田原高等学校卒

 

幼少時よりヤマハ東京エレクトーン演奏研究会に在籍し、数々のコンクールに出場。

2013年に木曜コンサート[作曲]にて室内楽作品COLOR OF SOUND =Lavandula = 初演。

在学中より室内楽、吹奏楽などの編曲を担当し 、ミュージカルの編曲や演奏も行う。現在はコンサートのピアノ伴奏を始め、ポップスやジャズライブのピアノサポートなど、様々なジャンルの演奏をし、またサウンドデザイナーとして音楽アプリの制作や映像音楽の制作にも携わり、聴覚と他の感覚とのインスタレーション作品制作、植物スピーカーを使った音楽と植物のコラボレーション「kisara」も行なっている。

サウンドクリエイター・オブ・ザ・イヤー2017 実行委員長特別賞受賞。

Hollywood Music Workshop in 2017にて、Conrad Pope, Joe Kraemer 他に師事。

2017年9月より音楽制作チームRight Tracksに所属。

 

 Saki Furuya is a composer, arranger, sound designer and pianist,keyboardist.  She began her music education at 3 years old, when she started learning to play the Electone (electric organs produced by YAMAHA) and won a lot of Electone festivals in her childhoods. She studied contemporary music and classical music composition at Tokyo University of the Arts in Japan.  As arranger and composer, she works with orchestras, brass bands (mainly Panda Wind Orchestra), musical, pops and jazz singers. As a pianist and keyboardist, she participates in many recordings and concerts.

She received 2nd prize in sound creator of the year 2017.

She completed Hollywood Music Workshop in 2017.